Home

脳内Choice

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

FirefoxのClearlyがいつまで経ってもログインできない対処法

Clearly でウェブサイトをスクラップしようにも
いつまで経ってもログインできず、どうしたものかと困っていた。

しかし、対処法があったのでここにメモ。
  1. キーボード Ctrl + Alt + A を押してアドオン一覧を表示させる
  2. Clearly を一度無効化し、すぐ有効化する

それでもダメなら
  1. Clearly を削除、Firefox を再起動
  2. アドオン Clearly を入れる
  3. スクラップしたいサイトへ行き、Clearlyにログインする

そういえば、CCleaner で綺麗にパソコン内を掃除したら上記のようになるような気がする。

web.fc2.comのftpがつながらない原因

やっと繋がるようになった。

どうやらftpのパスワードは15文字以内じゃないとダメみたいだ。

勢いあまって32文字にしたから、530 Login incorrect.と表示されてログインできなかった。

原因がわかったので良かった。

ノートパソコンのハードディスクを交換する。

ノートパソコンの引っ越し。

リカバリCDを紛失してしまったために、どうにかできないかと調べてみたら
Acronis True Image Home のトライアル版がダウンロードできるそうな。
しかも、30日間はすべての機能が使えるそうなので
これを使ってハードディスクの引っ越しをすることにした。

さっそく、準備に取り掛かる。

Acronis(アクロニス)
http://www.acronis.co.jp/homecomputing/download/

ここから Acronis True Image Home 2010 サイズ 116.6MB をクリック。
100802-043149.jpg

インストールしたら再起動を求められるので、それに従う。

再起動後、

  • Acronis True Image Home を立ち上げる。
    100802-041235.jpg
    試用ボタンをクリック。
  • (ちょっと見落としてしまったので画像を。)
    100802-041329.jpg
    ユーティリティタブを選択する。
    100802-041506.jpg
    ユーティリティ → ディスクのクローン作成 を選択。

    注意する点として
    引っ越し先の外付けハードディスクはフォーマットしないこと。
    フォーマットしている状態だと、なぜか「次へ」が押せなかった。
    なのでもしフォーマットしてしまったら、一度外付けのHDDを「未割り当て」にする必要がある。
    その仕方は
    マイコンピュータを右クリックから「管理」へ飛ぶ。
    そして「ディスクの管理」から外付けのHDDを選択し、
    右クリックから「パーティションを削除」をする。 すると「未割り当て」になる。

  • クローン作製モードは自動(推奨)にした。
    (手動にするとパーティションをどうするのかを自分で決められる。)
    100802-044904.jpg
  • ソースディスクは、コピー元。通常ならディスク1を選択。
    ディスクを調べるようで、しばらく待つ必要がある。
    ターゲットディスクは、コピー先。USBの外付けHDDだから、ディスク2を選択。
    100802-044934.jpg
    ポポンと次へ。
  • 再起動を求められるのでそれに従う。

あとは自動的にパソコンがやってくれます。
1時間半ほどでコピー完了しました。

ノートパソコンの電源を切った後、
ノートパソコンの裏蓋を外してHDDを抜き取り
外付けしていたHDDと交換する。

パソコンが起動するかテストする。

無事に起動したのなら、しばらく使用する。
交換した古いHDDはケースに入れるなどして保管。

こんな感じでした。

それにしても Acronis True Image は凄いです。
他に似たようなフリーソフトを使わせていただきましたが、
断然 Acronis True Image の方が使いやすいです。

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。