Home > 2010年07月

2010年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ノートパソコンのハードディスクを交換する。

ノートパソコンの引っ越し。

リカバリCDを紛失してしまったために、どうにかできないかと調べてみたら
Acronis True Image Home のトライアル版がダウンロードできるそうな。
しかも、30日間はすべての機能が使えるそうなので
これを使ってハードディスクの引っ越しをすることにした。

さっそく、準備に取り掛かる。

Acronis(アクロニス)
http://www.acronis.co.jp/homecomputing/download/

ここから Acronis True Image Home 2010 サイズ 116.6MB をクリック。
100802-043149.jpg

インストールしたら再起動を求められるので、それに従う。

再起動後、

  • Acronis True Image Home を立ち上げる。
    100802-041235.jpg
    試用ボタンをクリック。
  • (ちょっと見落としてしまったので画像を。)
    100802-041329.jpg
    ユーティリティタブを選択する。
    100802-041506.jpg
    ユーティリティ → ディスクのクローン作成 を選択。

    注意する点として
    引っ越し先の外付けハードディスクはフォーマットしないこと。
    フォーマットしている状態だと、なぜか「次へ」が押せなかった。
    なのでもしフォーマットしてしまったら、一度外付けのHDDを「未割り当て」にする必要がある。
    その仕方は
    マイコンピュータを右クリックから「管理」へ飛ぶ。
    そして「ディスクの管理」から外付けのHDDを選択し、
    右クリックから「パーティションを削除」をする。 すると「未割り当て」になる。

  • クローン作製モードは自動(推奨)にした。
    (手動にするとパーティションをどうするのかを自分で決められる。)
    100802-044904.jpg
  • ソースディスクは、コピー元。通常ならディスク1を選択。
    ディスクを調べるようで、しばらく待つ必要がある。
    ターゲットディスクは、コピー先。USBの外付けHDDだから、ディスク2を選択。
    100802-044934.jpg
    ポポンと次へ。
  • 再起動を求められるのでそれに従う。

あとは自動的にパソコンがやってくれます。
1時間半ほどでコピー完了しました。

ノートパソコンの電源を切った後、
ノートパソコンの裏蓋を外してHDDを抜き取り
外付けしていたHDDと交換する。

パソコンが起動するかテストする。

無事に起動したのなら、しばらく使用する。
交換した古いHDDはケースに入れるなどして保管。

こんな感じでした。

それにしても Acronis True Image は凄いです。
他に似たようなフリーソフトを使わせていただきましたが、
断然 Acronis True Image の方が使いやすいです。

Home > 2010年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
Blog Parts
あわせて読みたいブログパーツ

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。